高松伸設計 アーステクチャー・サブワンを訪れて

日本民芸館のすぐ近くでこんな建物を発見。
高松伸設計のアーステクチャー・サブワン。
こちらもなんだか、懐かしい。1991年竣工。
私が大学生の頃、雑誌で見た記憶がある。
時代は、ポストモダン時代の後期。
こちらの建物は、建物のほとんどが地中に埋まるオフィスビル。
地上部には地階へ光を取り入れる為の、
ナイフの様な形状3本だけが突出している。
機械の様なメカメカしさの中にエロチックさが同居している。

MA330973 MA330972

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。