「寺尾東の平屋」桜フローリングのバリエーション

現場打合せ終了後、場所を工務店「そりっど」の材木倉庫に移し、床材の選定を行ってきました。空間を柔らかい雰囲気としたいため、床フローリングには山桜を使いたいと、工務店へ事前に伝えてありました。打合せスペースに入ると、既に数種類の表情の異なる桜フローリングが並べられていました。さすが無垢材専門店!

桜と一口に言っても、ソフトな木目からハードな木目まで、産地や種類によって様々なバリエーションがあること知りました。実際にサンプルを目にして、手で触れてみて、いくつかの中から、空間の雰囲気に合う床材を一つ選択してきました。

材木というのはほんとに奥が深いと、改めて思いました。少し知識を齧ったくらいでは、太刀打ちできません。まだまだ勉強が必要です。

0001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。