「亀田東町のコートハウス」最終案

「亀田東町のコートハウス」何度も施主さんとの打合せを重ね、平面が詰まってきました。当初提案していたコートハウスという案はそのまま採用し、中庭の配置や部屋の繋がりなどを細かく修正。最終案へと近づいてきました。設計がスタートして、ここまで2ヶ月。基本平面の決定まで2ヶ月というのは、私の事務所でもかなり速いペースです。といっても時間を短縮するため、打合せの頻度はいつもにも増して、急ピッチで行なってきました。

ここまでで基本設計は終了。続いて実施設計へと進んできます。平面が決まったからといって設計作業はこれで終わり、という訳にはいきません。構造形式の検討や設備器機や仕上材の選定など、まだまだ決めることは山のようにあります。選定作業を行いならが、同時に実施図面の作成を進めていきます。まだまだ着工まで気が抜けません。

最終案模型 最終案模型 最終案模型 最終案模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です