アントニン・レーモンド設計 高崎哲学堂を訪れて

ふと思い立ち、高崎駅近くにある高崎哲学堂へ。
アントニン・レーモンド設計による木造平屋の旧井上房一郎邸。
東京麻布にあったレーモンド自邸兼事務所の平面プランを左右反転して建てた住宅とのこと。
前回、前々回と訪れた際は、両日とも冬期閉館しており、
残念ながら建物を見る事は叶わなかった。
3度目の正直、と訪れたのだが、またもや工事中。
仮囲いに囲まれ閉館中。この建物とは縁がない。
工事中の職人さんに声をかけ、外観だけちょっと覗かせてもらいました。

高崎哲学堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です