新潟市 旧齋藤家 夏の別邸を訪れて

北方文化博物館の新潟分館を後にし、すぐ裏手の旧齋藤家・夏の別邸へ。
1918年に建てられた別荘建築。
今年で、築90年の木造2階建ての建物。
圧巻なのは、自然砂丘の形状を活かした立体的な庭園。
建物内から庭を見ると、池越しの庭が山の様に上がっており、非常に立体的な構成が見てとれる。このため、2階の座敷から見る庭がとてもユニークな風景となっている。
庭園内を散策すると、赤松や紅葉など様々な樹が所狭しと林立しており、
新潟の市内にいることを忘れてしまうくらい。
紅葉の季節には、樹々が色づいた、また違った風景が見れるのだろう。

夏の別邸 夏の別邸 夏の別邸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です