大塚新町の家 厳しい制約の中でこそアイディアが生きる

大塚新町の家。スタディ模型作成。
片流れ屋根の家が2つの並んだような外観をしていますが、
真上から見ると、y字型平面をしています。
敢えてこのような形を採用したのは、
南側からの光を効率よく室内に引き込むためです。
南側隣家が敷地ぎりぎりまで迫っている状況において
出来る限り敷地いっぱいに建物を建て、かつ、明るい室内空間を実現します。
2棟構成にしたことで、外観もかわいらしくまとまりました。
制約が厳しければ厳しいこそ、私たち設計者のアイディアが生きるのだと思います。

大塚新町模型002 大塚新町模型003 大塚新町模型004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です