鵠沼の家 杉板うづくり仕上げコンクリート

配筋検査の為、鵠沼の現場へ。現場へ着くと、雨の中、大工さんがもくもくと型枠の調整中。前回打ち込んだ部分の型枠はすでに解体され、コンクリート面が見えていました。正面の部分に採用したのは杉板うづくり型枠仕上げ。杉板の木目がコンクリート面にきれいに転写されています。つるっとした打ち放しとは違った、独特の表情を持つコンクリート。工事はここまで順調。後は連休明けの建て方を待つだけ。

杉型枠うづくり001 杉型枠うづくり 004

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です