三十三間堂を訪れて

朝一番、ホテルをチェックアウトし空いている時間にと、観光をスタート。まずは、三十三間堂へと向かう。朝9時にも関わらず、すでに修学旅行の学生ですごい数の人、人、人。しかし、ひとたび本堂の中へと入れば、外の喧噪とは一転、静寂の空気に包まれる。千体の千手観音が、所狭しとびっしりと並ぶ堂内。圧巻です。あまりの物量に圧倒されます。圧倒的な信仰の力。障子を通して差し込む柔らかい光が床に跳ね返り、仏像を下方からぼんやりと照らしています。仏像の金箔はほの暗さの中でこそ、生き生きと黄金の輝きを増します。外へ出て、ほっと一息。屋根瓦のむくり、柱梁の連続、端正なプロポーション。

三十三間堂 三十三間堂 三十三間堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です