鵠沼の家 配筋検査

配筋検査のため鵠沼の家の現場へ。地下部分の配筋工事がほぼ終わり、後はコンクリートの打設を待つだけ。鉄筋の本数、長さや配筋状況など、図面と間違いが無いか、一カ所一カ所に丁寧にチェックしていきます。狭い敷地の中に、型枠が境界ぎりぎりまで立ち上がる。工務店にとって、高い施工技術と経験が要求される工事です。

配筋検査 配筋検査

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です