岩室の家 扉面材の樹種選定

家具の扉面材の材木を選定するため材木屋さんへ。今回、工事を施工する新発田屋さんは、無垢材のスペシャリスト。倉庫中には所狭しと様々な木材が並んでいます。使う場所毎に一枚一枚、木を選び、並べ替え、向きを替え、木目や色目を合わせ、全体バランスを見ながら選定していきます。半日掛け、やっとこれだ!という並びにたどり着きました。今回は敢えて銀杏(いちょう)や杉など樹種や木目を混ぜてランダムな並びで遊んでみることに。木というのはちょっと向きを変えただけで、表情を変えてしまいます。まして様々な木の組み合わせとなると、とてつもない組み合せのヴァリエーションが発生し、無限の可能性が生まれてきます。これが木の面白さでもあり、奥深さなのでしょうね。出来上がりが楽しみです。

扉面材 扉面材

One comment on “岩室の家 扉面材の樹種選定”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です