岩室の家 無垢材選び

岩室の家で使う無垢材を選ぶため、工務店の新発田屋さんへ。新発田屋さんは無垢材を専門に取り扱う「SOLID(ソリッド)」という部門を持っている工務店です。倉庫内を歩き回り、いくつも積上げてある無垢板の中から、これだ!という材を選び出していきます。既製品の板ではないので、曲がりがあったり、長さや巾の寸法が様々だったり、木目や節があったりと、無垢板は多種多様。ちょっと長さが足りなかったり、曲がりが強くで納まらなかったりと、使う場所に丁度合う板を見つけるのはひと苦労。空間のイメージにぴったり合う材料が見つかれば幸運です。
今回は、床の間の落とし掛けには欅(ケヤキ)板、同じくカウンタートップにも欅(ケヤキ)を採用することにしました。さあ、どんな感じに仕上がるでしょう。現場に取り付くのが楽しみです。

無垢材 無垢材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です