岩室の家 樹種選び

材木屋さんと現在工事中の住宅の床の間に使う材木について打ち合わせ。一言で木の種類といっても、場所によって木目がしっかり出ていたり、出ていなかったり、赤みがあったり、節があったり、実物を見なければイメージが湧いてきません。そこで材木屋さんの倉庫の中を歩き回り、実物を見せてもらいました。樹種ごとに色目、木目、柔らかさ、硬さなど、実に様々な表情を持っています。また同じ樹種でも、一枚一枚が全く異なる質感を持っています。縦にしていた板を横にしただけで表情ががらりと変わり、組み合せも含め、ああでもない、こうでもないと、頭を悩ませます。多くの板を倉庫の奥から引っ張り出してきてもらい、悩みに悩んで、使う箇所ごとに樹種を選び出しました。今回選んだ樹種は、セン、スギ、ケヤキ。さてどんな出来上がりになるでしょうか。乞うご期待。

カウンター材選び カウンター材選び002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です