「見附の2世帯住宅」現場調整について

現場確認と打合せのため「見附の2世帯住宅」の現場へ。壁の下地工事も大分進み、建物の構成が少しづつ見えてきました。床合板は全て張られ、現場内を歩き回れるようになりました。施主さんと一緒に現場内をあちこちと歩き回り、図面を見ながら隣家の窓の位置や室内から見える外の景色、部屋同士の繋がりなどを確認していきます。

このように複雑にレベル差のついた建物にあっては特に、図面上では分からなかったことに、実際に建物の床に立って気づくことがあります。そのズレを調整するため、窓形状や建具の位置、天井高さなど、場所毎に細かな変更を加えていきます。このような現場調整はできれば全くなく図面通り、というのが理想かもしれませんが。最後の最後まで、更に建物を良くしていきたいと思えば、どうしても修正が必要な箇所が出てきます。料理で言えば、レシピ通りに作って最後に味見して塩味を加えるような感じと言えば伝わるでしょうか。

ただし、変更を行なうことで現場の進行を妨げるようなことがあってはいけませんので、現場に先行して早めに決定していくことが肝要です。

見附2世帯住宅 見附2世帯住宅 見附2世帯住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です