「見附の2世帯住宅」建て方工事

「見附の2世帯住宅」本日、建て方工事が行なわれました。前日まで基礎しか無かった場所に突如、大きな柱梁が立ち上がっていくのは何度見ても感動を覚えます。トラックで運ばれる構造部材が、次々とクレーンで吊り上げられ、大工さん達の手により組み上げられていきます。現場監督さんと棟梁は、次に組む部材の順番を間違えないよう、図面を見ながら「この部材はこっち、その部材はこっち、次はそこ」とてきぱきと指示を出していきます。家一軒分といっても、かなりの量の材料です。次に組む材料を探し出すのに手間取っていたら、現場はスムーズに進みません。現場の中をあちらこちらへと走り回っています。

今回、ジグザグに加工した鉄骨材で階段ササラ桁を作ります。柱梁が組み上がった後では、階段部材が搬入できないので、建て方の途中にクレーンで吊り込み、一緒に設置してしまいます。木造と鉄骨を同時に取り合うため、入念な事前打合せが必要になります。取り付け位置の調整などに少し手間取りましたが、打合せ通り、なんとか階段材の設置が完了。夕方には全ての部材が組み上がり、無事、上棟しました。

建て方 建て方 鉄骨ササラ桁ジグザグ 鉄骨ササラ桁ジグザグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です