「見附の2世帯住宅」工事が着工しました

「見附の2世帯住宅」工事が着工しました。と簡単に書きましたが、ここまで一気に進んできた訳ではありません。模型での検討を重ねて、基本平面を決め、その後、仕上材や設備器機の選定と構造計算を行って更に詳しい実施図面をまとめ、工務店に見積もり依頼、出てきた工事金額を見ながら仕様変更と金額調整をし、役所へ確認申請の届出を出して許可を下ろし、やっとここまで漕ぎ着けました。

簡単な平面図を書けば出来てしまうような建物であれば、ここまで労力はかからないのかもしれませんが、こだわった家を手に入れたいと思えば、それなりの時間と手間は必要です。家族が長い時間を過ごす家です。しかも、大きな予算を掛けて。じっくりとよく考え、施主さんにとって満足のいく家にしていって欲しいと思います。

今回の家は、一部を半地下とし、スキップフロアで構成してロフトスペースを作る予定。ですので、深さの異なる基礎の工事を2回に分けて行ないます。基礎が打ち終われば、引き続き建て方工事へと進んでいきます。

基礎工事 基礎工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です