「燕のコートハウス」外壁左官仕上げ

「燕のコートハウス」は現在、外壁の仕上げ工事中。ただ左官で仕上げただけでは面白みがありませんので、ちょっと工夫をしてみようと思います。作り手の跡が残るざらっとした味のある表情に。一回塗り込んだ壁に、左官屋さんが試行錯誤しながら仕上げを施していきます。未だかつて誰もやったことのない仕上げだけに、出来上がりが楽しみです。

掻き落とし仕上げ 掻き落とし仕上げ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です