「燕のコートハウス」ホタテパウダー藁入り塗装仕上げ

「燕のコートハウス」施主さんを交えた素人集団!による自主施工から一夜明け、壁の仕上がり状態を確認してきました。ざらっとした壁に朝の光が柔らかく当たっています。つるっとした塗装に比べ、質感があり、上品で落ち着いた雰囲気が出ています。良く目を凝らしてみれば、ややローラー跡が残っていますが、それが逆に良い味となっています。とても素人が塗ったとは思えない仕上がりです。

今回、そのまま塗料を塗っただけでは面白くないと思い、塗料の中に藁(わら)を入れ、さらに表情をつけることを試みています。今回用意したのは、荒縄(わら縄)です。荒縄をほどき、ハサミで小さくチップ状に切断し、塗料の中に混ぜ込みました。藁の多い所、少ない所、場所毎にランダムな仕上がりとなっています。その藁チップが壁に影をつくり、昔の土壁のような温かみと深みのある表情となっていました。

藁入り壁仕上げ 藁入り壁仕上げ 藁入り壁仕上げ

One comment on “「燕のコートハウス」ホタテパウダー藁入り塗装仕上げ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です