「見附の2世帯住宅」立体的な検討

「見附の2世帯住宅」真ん中に中庭を配置するという方針は決まったのですが、その廻りを取り囲む各部屋の配置をどうするか、検討を進めています。玄関や浴室などの共用部分を介して一筆描きのように両世帯を繋げること、かつ、両世帯の生活エリアを分けること。相反する条件を同時に満たす案を模索中です。平面が階毎に複雑に絡み合っているため、パズルを組み合わせるような立体的な思考が必要になってきます。立体スケッチを書きながら、部屋の繋がりをイメージし検討を進めていきます。

DSC_0704 DSC_0703

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です