「燕のコートハウス」反復する屋根垂木

「燕のコートハウス」上棟しました。朝からクレーンで柱梁の組上げをスタートし、夕方には屋根垂木組みまで完成しました。基礎しか無かった場所に、ある日突然、建物がすっくと立ち上がる姿は何度見ても感動します。

今回、大きな屋根スパンを掛けるため、垂木にはせいの大きなツーバイ材、2×12材を採用しました。一定の間隔で反復する垂木材。今回は天井仕上げを行なうので、天井内に隠れてしまいますが、そのまま表しにしておきたいくらいの美しさがありました。

屋根垂木 屋根垂木 屋根垂木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です