「見附の2世帯住宅」離れつつ、繋がる空間

「見附の2世帯住宅」プレゼンテーション案がまとまってきました。施主さんの暮らしのイメージ(内的条件)と敷地条件(外的条件)を考慮した結果、真ん中に庭を設けたコートハウス形式を選択することに。こちらの住宅は親子2世帯が一緒に暮らす家です。ただ親子といっても、お互い生きてきた時代が異なり、趣味趣向、生活時間帯、食事の傾向など、どれ一つとっても同じではありません。家族といえども、異なる生活様式を共有しようとすれば、お互いにストレスがかかり、疲れてしまいます。やはり家族といっても、適度な距離感は必須です。

今回提案する案は、真ん中に中庭を置き、その両側に各世帯の居住スペースを置くというもの。中庭を通して互いの視線がつながることで、距離感を保ちながら、互いの気配を感じる、という相反する条件を同時に満たすことを意図しました。しかし2世帯住宅といっても完全に壁でエリアを分けてしまっては、同じ家に住んでいる意味がありません。そこで、玄関や浴室などは効率的に共有し、回遊式に平面を所々繋ぐことで、視線だけでなく、ある場面では生活が直接繋がるということを考えました。離れつつ、繋がる空間を目指します。

見附の2世帯住宅提案 見附の2世帯住宅提案 見附の2世帯住宅提案 見附の2世帯住宅提案

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です