「柳橋のコンクリートボックス」屋根配筋工事

「柳橋のコンクリートボックス」屋根の配筋工事のチェックをしてきました。いよいよ今回が、最後のコンクリート打設となります。設計図面通りに鉄筋が配筋されているか、メジャーを当てて鉄筋の太さ、間隔、継ぎ手寸法などを確認していきます。

鉄筋が配筋された床の下は、前回紹介した様に、鉄パイプやチェーンなどが縦横無尽に張り巡らされています。打設してから固まるまで、コンクリートの重量を支える必要があるため、しっかりと強固に固定しておく必要があります。

また今回は、打ち放しコンクリート仕上げとなるため、今まで打ち込んだコンクリート仕上げ面が汚れないよう、ビニールシートを張り込み、最新の注意を払う必要があります。多様な検討と気遣いがなければ、綺麗な打ち放しコンクリート仕上げ面を実現することは、不可能です。

コンクリート型枠工事
コンクリート型枠工事
コンクリート型枠工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です