年: 2007年

「蓮野の平屋」模型内部写真

「蓮野の平屋」模型の内部写真です。片流れ屋根の形状がそのまま、室内天井の形として表れています。V字型の平面形状によって、ワンルーム空間でありながら、キッチンからリビングが互いに見えないという関係性を生んでいます。建物内を移動していくと、次第に次の空間が視界に入り、奥へ奥へと移動してく、そんなイメージです。

竹林に面した側には、様々な大きさ、様々な角度の窓を設け、窓ごとに異なった竹林の風景が見えるよう、フレーミング操作を行っています。人というのは、いつも一定の安定した感情でいる訳ではありません。時には開放的に、時には籠るような感じにと、いろんな気分の時があります。そのような移り変わる気分に応じて、その場その場で場所を選べるよう、多様な場を設けようと、意識して設計をしました。

模型写真 模型写真 模型写真

「蓮野の平屋」提案模型

「蓮野の平屋」計画地の現地調査、施主さんへのヒアリング、設計検討を経て、提案プランが形になってきました。提案プランは、V字型平面を持つ平屋案としました。傾斜地に面した細長い敷地に、道路側に対しては閉鎖的に、傾斜地の竹林に対しては開放的にと、対照的な空間を構成をしています。

V字型の建物は基本的にはワンルーム空間。折れ曲がったワンルームのあちら側とこちら側で、互いの気配は伝わるが視線は通らない、という付かず離れずの関係性を作り出しています。

また建物に直角ではない、特徴的な角度をつけたのは、室内から見た際の傾斜地の竹林の見え方を考慮したため。ある場所では、手が届くほど竹林に近づき、ある場所では、距離感を持って竹林を眺められるよう引きの距離を設けています。場所ごとで、竹林の見え方が異なり、借景に多様性を生む、という事を意図しました。

蓮野の平屋提案模型 蓮野の平屋提案模型 蓮野の平屋提案模型

「燕のコートハウス」廊下の無い家!?

「燕のコートハウス」こちらの住宅には廊下がありません。えっ!?っと思われるかもしれませんが、本当に一カ所も廊下スペースが無いのです。

部屋同士が廊下を介さず直接繋がり、引き込み建具によって次々に連続しています。全ての引き戸を開ければ、ワンルーム空間に。引き戸を閉めれば、一つ一つの空間が個室となります。各部屋には、子供部屋やリビングなどの名称をつけず、ただ広さと天井高の異なる部屋を並べています。どの部屋をどのように使うかは、住む人の自由。その時の家族構成によって、また、季節や気分によって使う部屋を変えていっても良いかもしれません。どんな風に使われていくのか、とても楽しみな空間です。

廊下の無い家 廊下の無い家 廊下の無い家

 

「蓮野の平屋」現地調査

「蓮野の平屋」雨の降る師走。雪が降って敷地境界が見えなくなってしまう前に、計画地の現地調に行ってきました。計画地は、道路と地元神社の間に挟まれた変形した敷地形状。道路の反対側は、傾斜地となっており、青々とした竹林が広がっています。

この変形した敷地にどのように建物を配置するか。設計者にとっては、なんとも悩ましい敷地条件ではありますが、この敷地の特性をうまく活かせるようなプランを考えていきたいと思います。

現地調査 現地調査

「燕のコートハウス」玄関土間スペース

こちらの住宅、特別玄関スペースを設けることはせずに、6帖の広さの土間空間を玄関スペースとしています。オープンハウスに来場された皆さんは、思い思いに土間の縁に腰かけ、楽しく会話を楽しんでいました。昔懐かしい家の風景を見ているようでした。

このような昔ながらの土間スペースは、いろいろな使い方に対応でき、現代でも有効な空間ではないかと思います。特に雪の多い寒い地方では、この半外部空間は特に有効に使えそうです。冬場の子ども達の遊び場になったり、ちょっとした作業場になったり。土足で使う場所でありながら内部でもある空間。そんな空間に可能性を感じています。

一見、暗そうに見える外観と、室内に入った際の明るさの対比に、皆さん驚きを感じているようでした。沢山の方にご来場いただけたことを感謝いたします。

土間スペース 土間スペース 001

「燕のコートハウス」外壁左官仕上げ

「燕のコートハウス」は現在、外壁の仕上げ工事中。ただ左官で仕上げただけでは面白みがありませんので、ちょっと工夫をしてみようと思います。作り手の跡が残るざらっとした味のある表情に。一回塗り込んだ壁に、左官屋さんが試行錯誤しながら仕上げを施していきます。未だかつて誰もやったことのない仕上げだけに、出来上がりが楽しみです。

掻き落とし仕上げ 掻き落とし仕上げ

「燕のコートハウス」ホタテパウダー藁入り塗装仕上げ

「燕のコートハウス」施主さんを交えた素人集団!による自主施工から一夜明け、壁の仕上がり状態を確認してきました。ざらっとした壁に朝の光が柔らかく当たっています。つるっとした塗装に比べ、質感があり、上品で落ち着いた雰囲気が出ています。良く目を凝らしてみれば、ややローラー跡が残っていますが、それが逆に良い味となっています。とても素人が塗ったとは思えない仕上がりです。

今回、そのまま塗料を塗っただけでは面白くないと思い、塗料の中に藁(わら)を入れ、さらに表情をつけることを試みています。今回用意したのは、荒縄(わら縄)です。荒縄をほどき、ハサミで小さくチップ状に切断し、塗料の中に混ぜ込みました。藁の多い所、少ない所、場所毎にランダムな仕上がりとなっています。その藁チップが壁に影をつくり、昔の土壁のような温かみと深みのある表情となっていました。

藁入り壁仕上げ 藁入り壁仕上げ 藁入り壁仕上げ

「燕のコートハウス」壁塗り自主施工

「燕のコートハウス」今日は壁塗り工事です。といっても、今回は施主さんを交えて自分たちで壁塗りを行なうのですが。集まったのは、施主さんご家族、両親や友人たちプラス設計者の数名。皆さん、壁を塗るのは当然、初めて。まずは設計者である私が全体の手順を説明し、実際に材料を作って壁に塗って手本を見せます。その後、見よう見まねでみんな一斉に壁塗りをスタートしました。職人さんによって下地パテまで仕上がった壁にローラーでひたすら塗料を塗り付けていきます。

今回選んだ壁の塗料は、ホタテの貝殻を焼成して作ったという漆喰塗料です。舐めても害がない天然由来の材料を使っており、吸湿性能があり、室内環境を安定させるのに効果があります。その塗料を手作りの跡が残るざっらとした表情に仕上げていきます。

全員、頭にタオルを巻いて、真っ白になりながら作業に没頭。朝から始めて夕方には概ね作業が終了しました。家一軒の壁を一日で塗り終わるのに丸一日、作業としてはかなり速い方です。自主施工はコストを下げるためだけでなく、みんなで一緒に家づくりをするという充実感の方に意味があると思います。自分が住む家に自ら関わっていく。そうすることで自分の家なんだという実感が生まれ、家に対する愛着が湧いてくるのだと思います。

一日経てば塗料が乾くので、明日ムラのある部分に再度塗装を行い、さらに完璧な仕上を目指します。明日の仕上がりが楽しみです。

壁塗り自主施工 壁塗り自主施工 壁塗り自主施工

「燕のコートハウス」階層状に連続する空間

「燕のコートハウス」間仕切り壁が完成しました。各部屋を繋ぐ開口が少しづつズレて並び、奥へ奥へと部屋が連続していきます。まるで階層がいくつも続いていくような不思議な見え方をしています。少し場所を変えると奥まで見通せたり、また見通せなくなったり、まるで迷路のような空間です。

この後、開口部には引戸が取り付けられる予定です。引戸の開け閉めによって、さらに部屋の繋がり方のバリエーションが増えてきます。繋げてワンルームのように使っても良し、閉めて単独の個室として使っても良し。どんな使い勝手にも対応できるフレキシブルな空間が実現します。

階層 階層 階層

「燕のコートハウス」ラワン合板天井仕上げ

「燕のコートハウス」打合せのため現場へいってきました。現場では内装仕上げ工事が進行中です。こちらの住宅、天井の仕上げをラワン合板仕上げとしています。

大工さんが天井にラワン合板を一枚一枚、色目を合わせながら貼りつけています。内装仕上げの基本的な原則では、下にいくほど濃い色を、上にいくほど薄い色を使うのが正しいとされています。つまり、床には濃いめの色、壁はそれよりも薄い色、天井はもっと薄い色を使うと。色の重心が下がる程、落ち着いた空間となるからです。

しかし、今回は敢えてその原則には従わず、天井の色を床と同色に着色しようと考えています。(闇雲に原則を無視する訳ではありません。敢えて狙っています。)上下に同色の面が存在する空間。どのような雰囲気の空間になるか、竣工までお楽しみに。

天井ラワン仕上
天井ラワン仕上
天井ラワン仕上

「燕のコートハウス」屋根に空いた2つの穴

「燕のコートハウス」屋根工事が終わりました。ゆるい勾配の片流れの大きな屋根が掛かっています。屋根に空いた2カ所の穴。この部分がコート(中庭)となります。外部から見ると内部にコートがあるようには見えません。敢えてその存在を隠しているような作りにしています。

ここまで工事は順調に進んでいます。どのような内部空間が現れてくるか、設計者である私も楽しみにしています。

片流れ屋根 片流れ屋根 片流れ屋根

「見附の2世帯住宅」立体的な検討

「見附の2世帯住宅」真ん中に中庭を配置するという方針は決まったのですが、その廻りを取り囲む各部屋の配置をどうするか、検討を進めています。玄関や浴室などの共用部分を介して一筆描きのように両世帯を繋げること、かつ、両世帯の生活エリアを分けること。相反する条件を同時に満たす案を模索中です。平面が階毎に複雑に絡み合っているため、パズルを組み合わせるような立体的な思考が必要になってきます。立体スケッチを書きながら、部屋の繋がりをイメージし検討を進めていきます。

DSC_0704 DSC_0703