「中野のコートハウス」仕上材のコストバランス

「中野のコートハウス」の床仕上げ材は、ラワン合板です。えっ!?と思われる方もいるかと思いますが、そうです、あの下地に使われる合板、いわゆるベニア板なのです。

なぜそんな下地材を仕上げに使ったかというと、建設コストを抑えるためです。床に直接座る場所にはラグやマットを敷いて使うし、ソファやテーブルを置いてしまえば床は直接見えないし、別に床材が何であろうと構わないと、割り切って考えることにしました。その代わりそこで浮いた予算を中庭や床暖房、オール電化など必要な部分へと割り当てています。決して全てがローコストという訳ではなく、こだわってお金をかける所にはきちんとお金を掛ける。そのコストバランスが家をつくる際には大切になります。

ラワン合板床張り ラワン合板床張り ラワン合板床張り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です