中野のコートハウス 内装下地工事

現在、内装下地工事が進行中です。具体的には、壁と天井に石膏ボードを貼付ける作業。2階の天井には、屋根勾配がそのまま内部空間として現れてきますので、斜め取り合い部分のボード加工にはちょっと手間がかかっています。
実はこの建物の平面、壁の交わる角度が直角ではないんです。所々で角度がつけてあり、目の錯覚で空間が広くみえたり、狭く見えたりするような仕掛けが盛り込んであります。ぱっと見ただけでは分からないのでしょうが、角の納まりをよく見てみると、分かります。これがどのような効果を生み出すのか、実際に作ってみなければ分かりません。初めての試みだけに、出来上がってくる空間が楽しみです。

壁下地 壁下地 壁下地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です