中野のコートハウス 回廊のような空間

外壁下地ボードの張り付け工事が進行中です。外壁が塞がれると少しづつ、内部の空間構成が見えてきます。中央に中庭を配置した平面は1階でロの字形、2階でコの字形となっています。部屋といっても各階とも、一筆書きのようにぐるっと繋がったワンルーム空間となっています。空間として繋がっていながらも、折れ曲がった先が見通すことができません。まるで回廊のように、奥へ奥へと移動するに従って視界が開ける、そんな構成になっています。

外壁下地工事 外壁下地工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です