中野のコートハウス 柱頭納まり

中野のコートハウスの屋根梁。勾配のついた梁が柱の上に何本も集中して取り合ってきます。そのまま梁と柱を交差させたのでは、部材同士を切り欠いてしまい、断面欠損が非常に大きくなってしまいます。そこで今回、柱頭に鉄骨で製作した金物を取り付け、そこに梁を差し込むという方法を採用しました。複雑な角度で取り合ってくるため、上手く嵌まるか不安でしたが、現場では問題なく組み上げることができました。仕上がってしまえば隠れてしまう納まりですが、現場ではこのような様々な処理事項が次々と現れてきます。

柱頭金物 柱頭金物 柱頭金物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です