中野のコートハウス 狭小地での足場組み

中野のコートハウス。基礎コンクリートが打ち終わり、後は建て方を待つだけです。が、その前に建て方をするために必要な足場を立てなければいけません。敷地境界ぎりぎりまで建物を寄せているため、足場を立てられる隙間は30センチ程度。当然、ユニット足場は組めませんので、単管足場をクランプで留め付け、組み上げていきます。
建物が立ちあがる前ですので、今はまだ良いのですが、建物が建った後はスペースが更に狭くなるため足場解体は困難を極めます。とび職人さんには申し訳ないのですが、敷地いっぱい有効に使うにはどこか無理をせざるをいけません。

狭小地足場立て 狭小地足場立て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です