「中野のコートハウス」プレゼン模型作製

「中野のコートハウス」施主さんとの打合せも順調に進み、実施図面もだいぶ詳細まで詰まってきました。最終的な平面を確認するため、再度模型を作成しました。今回の模型は実施図面に基づいてできるだけ忠実に作っています。外壁の色なども実際と同じ色を貼り付けています。

模型でみると敷地いっぱいに建物が建っているのがよくわかります。屋根形状は中央の中庭に出来る限り光を取り込むため、漏斗状に中心に向かって傾斜しています。

外部から見ると窓の少ない閉鎖的な印象ですが、中庭側にはいくつもの大きな窓を配置しているため、内部空間は思った以上に開放的で明るく空間になってくるはずです。また、各部屋の窓から中庭を介して別の部屋が見えることで、建物のどこにいてもお互いの気配を感じながら暮らすことができるよう意図しました。

模型写真 模型写真 模型写真 模型写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です