江ノ島小屋 大型ガラス「気合い」の取り付け作業

江ノ島小屋の河川に面した側は、景観を臨むために全てガラス面となります。柱の他は全てガラス面で構成されます。今日は、そのガラスを留め付ける工事が行なわれています。こちらの複層ガラス、高さが2.6mもあるので、かなりの重量になります(計算では100キロくらいになるそうです)。狭い現場内ですので当然、搬入にクレーンなどは使えません。では、どうやって搬入するのでしょうか?答えは単純、人海戦術です。別名「気合い」とも呼びます。多くの職人さん達が「せーのっ」と声を掛けながら手で運んでいきます。運んでいるのは、ガラスですのでちょっと角をぶつけただけでも、破損してしまいます。足下の悪い現場の中、慎重に慎重に一枚づつ取付け作業を行なっていきます。丸一日掛けて全てのガラスの取り付けが完了しました。職人の皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございます。

大型ガラス取付け作業 大型ガラス取付け作業 大型ガラス取付け作業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です